気にしいのblog

少しでもお役に立てそうな情報を発信したい控えめblogです。

【Windows10】プリントスクリーンで一部を切り取りする方法

win10-printscreen-cut-out-a-part-ic

みなさん、こんばんは。気にしい管理人です。

 

パソコンの画面を画像に保存するときに「一部だけを切り取りたい!」ってときはないですか?

 

今回は、便利すぎて気にしい管理人も頻繁に利用をしている「Windows10の標準機能」を紹介します!

 

気にしい管理人
気にしい管理人

画面の画像を保存する言い方は、「スクリーンショット」とか「プリントスクリーン」とか「画面キャプチャー」とか色々な言い方がありますね。

 

※画面キャプチャー

コンピューターのディスプレイに表示された静止画や動画をデータとして保存すること、またはその機能。

 

 

[ Windowsロゴ ]キー + [ Shift ]キー + [ S ]キーを使う!

 [ Windowsロゴ ]キー + [ Shift ]キー + [ S ]キーを押して切り取りバーを開き、キャプチャする領域の上でカーソルをドラッグします。切り取った領域は、クリップボードに保存されます。

 

[ Windowsロゴ ]キー について

win10-printscreen-cut-out-a-part01

上図のような[ Windowsロゴ ]マークの付いたボタンがキーボードあります。

 

「キーの押し方」について

[ Windowsロゴ ]キー + [ Shift ]キー + [ S ]キーの3つをいっぺんに押すのですが、

タイミングが悪いとうまく「切り取りバー」が表示されません

 

[ S ]キーを最後に押すようにして、以下のどちらかの順番で押すとうまくいきます。

※気にしい管理人は「押す順番1」で操作しています。

 

押す順番1

[ Windowsロゴ ]キー を押しながら、 [ Shift ]キー を押して、 [ S ]キーを押す

押す順番2

 [ Shift ]キー を押しながら、[ Windowsロゴ ]キー を押して、 [ S ]キーを押す

 

「切り取りバー」について

win10-printscreen-cut-out-a-part02

 [ Windowsロゴ ]キー + [ Shift ]キー + [ S ]キーを押すと、上図のように「切り取りバー」が画面上部に表示されます。

 

切り取りタイプは全部で4種類あり、左から順に以下となります。

・四角形の領域を切り取り

・フリーフォーム領域の切り取り

・ウィンドウの領域切り取り

・全画面表示の切り取り

・閉じる

※[ Esc ]キーを押すとキャンセルができます。

 

切り取りの操作方法です!

今回は、切り取りタイプ「四角形の領域を切り取り」をしてみます。

 

①からドラッグ(左ボタンを押したまま)して②でドロップ(左ボタンを離す)すると四角形の領域が切り取られてクリップボード(一時的にな保存領域)に保存されます。

win10-printscreen-cut-out-a-part03

 

切り取り後、「切り取り領域がクリップボードに保存されました」とデスクトップの右下に通知情報が表示されます。

win10-printscreen-cut-out-a-part04

 

この通知情報をクリックすると、 「切り取り&スケッチ」アプリが表示されます。

下図のボタンより「名前を付けて保存」をすることができます。

※他にも 「切り取り&スケッチ」では、手書きやマウスでペン書きなどができます。

win10-printscreen-cut-out-a-part05

 

他にもクリップボードに保存されているので、そのままExcelのシートに貼り付けすることも可能です。

※かなり便利で、Excelのシートへの貼り付けはよく使います。

win10-printscreen-cut-out-a-part06

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 パソコンの画面を画像に保存することはよくあると思いますが、部分的に切り取った画像を手軽に扱えるのは便利ですね!

 

ぜひ、Windows10で[ Windowsロゴ ]キー + [ Shift ]キー + [ S ]キーを使ってみてください!押すタイミングはご注意を!

 

みなさんのご参考になればうれしいです。

 

気にしい管理人
気にしい管理人

※この記事はWindows10 バージョン1909で作成しました。