気にしいのblog

少しでもお役に立てそうな情報を発信したい控えめblogです。

【節約】日本経済新聞📰/NIKKEIプラス1を無料で読む方法!【楽天証券編】

nikkei-newspaper-free-rakuten-ic

みなさん、こんばんは。気にしい管理人です( @kinicy74 )😊

 

社会人として日本経済新聞を読みたいけど、新聞代に月額5,000円位かかるし、お金ないなぁ~😭」

 

丸三証券の口座より日経テレコンで日本経済新聞が読めていたのにサービスが終了してしまった、、どうしよう😰」

 

などでお悩みではないでしょうか?

 

今回は、無料で日本経済新聞が読める方法を説明します。

 

気にしい管理人
気にしい管理人

丸三証券の日経テレコンがサービス終了してしまったのは残念・・😭

 

 

日本経済新聞📰/NIKKEIプラス1を無料で読む方法!【楽天証券編】

結論は、楽天証券です。

 

楽天証券に口座を開設すると、「日経テレコン」というサービスを受けることができて、このサービスで日経を読むことができるようになります。

 

「日経テレコン」では、日経系列の新聞をなんと6紙も無料で読めてしまいます。

 

収録期間や各紙更新などについては、以下の通りとなります。

 

閲覧可能な新聞

収録期間:

 直近3日分

更新:

 日本経済新聞朝刊:毎日

 日本経済新聞夕刊:毎日

 日経産業新聞:月~金曜日

 日経MJ(流通新聞):月、水、金曜日

 日経地方経済面:毎日

 日経プラスワン:土曜日

 

これ以外に「日経速報ニュース」や最大過去1年分の記事検索も閲覧することが可能となっています。

 

日経テレコンとは?!

「日経テレコン」は日本経済新聞社が1984年にサービスを開始した国内最大のビジネスデータベースで、日経新聞、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)などの記事検索ができるサービスです。

 

新聞・雑誌、企業情報などいろいろなビジネスに欠かせない情報を多くの国内外にある企業が検索・収集をして活用しています。

 

月額基本料金も8,000円となり、個人で契約するにはちょっと高い料金設定となっています。

日経テレコン  

 

「iSPEED for iPhone/Android」や「マーケットスピード II」などで読める!

日本経済新聞/NIKKEIプラス1を無料で読む方法!【楽天証券編】

まず、「楽天証券」の口座を開設します。※もちろん、無料で作成可能です。

 

スマートフォンの場合は「iSPEED for iPhone/Android」、パソコンの場合は「マーケットスピード II」もしくは「マーケットスピード」 というアプリで日経テレコンを見ることができます。

 

まず、口座開設後にログインをしてツールを利用できるようにします。マイメニューより「取引ツール・有料情報申込み」をクリックします。

楽天証券_取引ツール有料・情報申込み

 

マーケットスピードの「申込」ボタンをクリックして完了です。※無料です。

楽天証券_取引ツール申込

 

iPhoneやAndroidの場合は、 App Store   や Google Play   よりアプリをインストールします。

 

インストール後、「iSPEED for iPhone/Android」を起動しログインします。

iSPEEDforMobileTradingログイン

 

「日経テレコン」ボタンをクリックします。

iSPEEDforMobileTrading日経テレコンへ遷移

 

ブラウザでの起動確認が表示されますので、「はい」をクリックします。

iSPEEDforMobileTradingブラウザ表示確認

 

ブラウザが起動して「日経テレコン(楽天証券版)のご利用許諾条項」が表示されるので、「同意する」をクリックします。

iSPEEDforMobileTrading日経テレコン同意

 

日経テレコンが表示されますので、右上のメニュー(ハンバーガーアイコン)から「きょうの新聞」を選ぶとようやく新聞記事を閲覧することができます😊

iSPEEDforMobileTrading日経テレコン表示

 

紙面PDF(切り取った記事イメージ)を見ることも可能です。写真・図解やグラフなどがある場合は紙面PDFがわかりやすいです。

iSPEEDforMobileTrading日経テレコンPDF表示

出典:日本経済新聞

 

次はパソコンの場合ですが、まずは マーケットスピードのサイト   よりアプリをダウンロードしてインストールをします。

 

今回は「マーケットスピード II」にてログインをしてみます。

MARKETSPEEDⅡログイン

 

左メニューより日経テレコン21をクリックし、「日経テレコン(楽天証券版)のご利用許諾条項」を確認して、「同意する」をクリックします。

MARKETSPEEDⅡ日経テレコン同意

 

日経テレコンが表示されますので、「きょうの新聞」タブを選ぶと各新聞の記事を閲覧することができます。

MARKETSPEEDⅡ日経テレコン

 

きょうの新聞より日本経済新聞朝刊の記事を表示した例です。

MARKETSPEEDⅡ日経テレコン表示

出典:日本経済新聞

 

また、スマートフォンと同様に紙面PDF(切り取った記事イメージ)を読むことができます。※PDFを見る際はブラウザが起動します。

MARKETSPEEDⅡ日経テレコンPDF表示

出典:日本経済新聞

 

気にしい管理人の環境ではブラウザの設定(信頼済みサイト)をしないとPDFが開けなかったので、対処方法となる参考サイトも明記しておきます。参考にしてください。

日経テレコン21 | マーケットスピード II オンラインヘルプ  

 

日経電子版だと「4,277円/月」×12ヵ月で年間「51,324円」もオトク!

 日経電子版(新聞はなく、アプリからのみ閲覧可能なサービス)の単体契約でも月に「4,277円」もかかるので、年間「51,324円」の節約となります🤩

 

ご参考までに「日本経済新聞」の購読料(月額・税込)を記載しておきます。

 

 ・日本経済新聞

  朝・夕刊セット版地域 4,900円

  全日版地域 4,000円

 ・日経電子版 4,277円

 ・日経Wプラン(日本経済新聞+日経電子版)

  朝・夕刊セット版地域 5,900円(宅配4,900円 + 電子版1,000円)

  全日版地域 5,000円(宅配4,000円 + 電子版1,000円)

※2021年6月時点

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

「メディア※情報を入手できる手段」として現代はインターネットニュースやテレビ、SNS(TwitterやFacebookなど)いろいろとありますが、いつの時代でも最も信頼のおけるメディアは「新聞」がダントツですね。

 

それは各新聞社では多くの人の手をかけて正確性を高め(複数人体制での校正チェックなど)、取材に手間と暇をかけて専門性・詳細性を高めて作成した情報だからとなります。

 

楽天証券の日経テレコンで日本経済新聞を読んで確かな情報を入手しましょう!

 

みなさんのご参考になればうれしいです。

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

気にしい管理人
気にしい管理人

「気にしいのblog」も信頼性を第一に情報発信をしていきたいと思います!!